Topics

2017
03.11

僕が音楽で復興支援を続ける理由

今日で東日本大震災から6年が経ちました。

6年前は東京都千代田区の自宅マンションにいました。震度5弱くらいの揺れで立っていることも出来ず、スタンドに立ててあったトロンボーンが簡単に倒れていきました。

「死ぬかも」と感じるような恐怖は、人生でもこの一度きりだと思います。

しかし、ニュースではもっと恐ろしい津波の映像が繰り返し報道されていました。「このようなことが現実に起きるんだ」と、誰もが目を疑ったと思います。

それからしばらく、ほとんど仕事にならない日々が続きました。

当時、子ども向けのゲームアプリの音楽制作の業務を請け負っていたのですが、楽しい曲が書けるはずもありません。納期を遅らせてもらいました。改めて、

音楽は心、感情と密接に結びついている

と感じたのを思い出します。

それを職業にしている自分には何ができるのか?

を深く考えるようになりました。

行政でも大企業でもない、「ミュージシャン」にできること。。。

東京でも「自粛ムード」が広がり、僕がお仕事でお世話になっていたテーマパークでさえ閉園が続いている状態でした。

被災地のためにも、まず、東京が元気にならなければいけない!

と思いました。

自分たちが楽しむ、お客さんにも楽しんでいただく、そして、少しだけ被災地の支援をさせていただく

というコンセプトで、震災の2か月後から、チャリティーライブの開催を始めました。

このような大災害の時、ミュージシャンはとても無力な存在で、自分たちの存在意義すら否定しかかっていた中、関わってくれたミュージシャン仲間は、

自分たちにもやれることがある!

と実感することができました。お客さんからも、

何かしたいと思っていたけれど、結局何をしていいか分からず、行動できませんでした。ですが、日常と同じようにライブに足を運ぶことで、少し被災地の役に立てたと思うと、気持ちが楽になりました

というような声もかけていただきました。

自分のやっていることは間違っていないと思いました。

東京は日常を取り戻したと言えるかもわかりませんが、被災地はまだまだです(写真は昨年8月に訪れた際の大槌町の旧庁舎。時間はあの時で止まっています。商店街も未だ仮設のままです)。

ただ住居やライフラインが復旧することが復興ではありません。東京のように、日常的に音楽が楽しめるようになる状態が復興だと思います。

震災から6年が経ち、支援の形も第二段階に入っています。

東京でのチャリティーライブの活動も微力ながら続けていきたいとは思っていますが、被災地に音楽を届ける活動も昨年から始めました。

http://jp.yamaha.com/sp/blog/z_express/7645/

決して風化させてはいけません!

今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

・昨年の3.11にリリースしたCDも、たくさんの方に買っていただきました。ありがとうございます!
想いの詰まったCDですので、今後も多くの方に聴いていただきたいです!

http://hirokifujii.com/cd

・僕のオリジナル曲「You’ll Never Walk Alone」(君は決して一人じゃない)を演奏してもらう事で、風化防止や、音楽での支援活動を呼びかけています!

https://mtfujimusic.com/3488/

MtFujiMusic School レッスンのご案内
MtFujiMusic School レッスンのご案内
Check!!

ビッグバンドのための
基礎練習テキスト

Basic Training for BIG BAND/Trombone/トロンボーン(楽譜&伴奏音源セット/PDF&MP3)

楽譜ご購入の方に
CDプレゼント!

初心者用の楽曲でよく使われる3つの調(実音のBb,Eb,F)に限定し、スケールやブルースを使用しながら楽しく上達出来ます。

デモ音源は現役ジャズミュージシャンによるレコーディングで、アドリブソロのサンプル付き!

PROFILE
フジイ ヒロキ
フジイヒロキ/藤井 裕樹

株式会社マウントフジミュージック代表取締役
Trombonist, Composer, Arranger,
Teacher, Writer, Producer, Consultant

詳しいプロフィールはコチラ

Contact

お問い合わせ

Mt. Fuji Musicへのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。