Topics

2014
07.14

「管楽器のためのお役立ち基礎練習」の使い方 – 1

当サイトで販売している「管楽器のためのお役立ち基礎練習」の解説を書いたページです。
練習の効果を上げるためにも、必ず読んでから始めてください!
→ご購入はコチラから
http://shop.hirokifujii.com/shopdetail/000000000002/ct3/page1/order/


このテキストは「少し物足りない」と感じるくらいコンテンツが少ないです。わざと量を減らしているのは、

いきなり富士山の頂上を目指すのではなく、1合目から順番に攻略していくためです。

手抜きのテキストで儲けようとしているわけではありませんよ(笑)。

人間は、若い頃からの何気ない習慣というのが意外に身体に染み付いていて、現在の行動の基盤となっているケースがよくあります。

日本人の真面目さは義務教育のせい!?

日本では義務教育で、4月に教科書の1ページ目から始め、3月末に最後のページをやり、全体をくまなく網羅する事が当たり前のような教育を受けています。

このシステムが浸透しているせいか、一冊教則本を買うと、きちんと1ページ目から始め、最後までやら切らないと意味がないかのような強迫観念をもってしまっている方が多い気がします。

日本人の勤勉さや、真面目さといった国民性を表しているかもしれませんね。つまり、真面目な人ほどこういう強迫観念に陥りやすいという事ですね。皆さんは普段から会社や学校で頑張っているのに、趣味まで気を張ってしまっては長続きしないと思いませんか?

「教則本は最初から最後までやる必要はない!」

たとえば、マックス・シェロスバーグという方(アメリカの有名なジュリアード音楽院のトランペットの先生だった方)の教則本ですが、彼は普段のレッスンで、自分の生徒一人ひとりに合った課題をその都度作成し、メモのように渡していました。

その課題があまりにもよく出来ていたため、後日一冊の教則本にまとめられたそうです。何が言いたいかと言うと、

こういった教則本は、まるまる一冊仕上げる事を目的とはしていなくて、必要な所だけやれば良い!という事! 何が課題かは、人によって違うのです。

電話帳も、冊子自体は分厚いですが、必要なのはほんの一部ですよね。

毎日何時間もかけないと出来ないような課題を自分に課して、結果続かないより、1日10分でも良いから(たまに出来ない日があっても仕方ない位のゆるさで)、毎日に近い状態で練習出来た方が上達するのです!

人間が仕事以外で、本当に毎日1時間程度の内容を365日休まず続けられたら、その人は相当な精神力の持ち主でしょう。実際僕はそんな人に会った事がありません。

もちろん僕自身も、音楽は仕事なので、ある程度継続的な練習は出来ていますが、英会話やゴルフなどはなかなか続かず、「自分はなんて意志が弱いのだろう…」と自己嫌悪に陥る事もしばしばです。でも、実際はそんなものなんですよね。

今後も皆さんの上達に役立つメニューをアップデートする可能性はありますが、最大のポイントは、

「自分が出来そうなレベルと量だけをチョイスして練習する!」
各項目ごとの番号や(例:エクササイズ1のような)、ページ表示をしていないのも、必ずしも順番通りにやる必要はないからです。

という事です。これが、書籍ではなく、PDFやMP3で個別にダウンロード出来る事の最大のメリットではないでしょうか。

MP3の伴奏音源を使用するのには、以下の2つの意味があります。

1.メトロノームに合わせてロングトーンをやるといった練習は、必要と分かっていても退屈で、継続が難しいでしょう。練習を飽きさせず、マンネリを防止する為に伴奏音源を用います。

2.このエチュードを使ってくださる人の多くは、本格的ではなくても、ジャズやポップスの演奏に関わる事があるのではないでしょうか。その人たちにとって、ドラム、ピアノ、ギター、ベースといったリズムセクションの楽器の音を聴き、テンポやコード(和音)を感じて演奏する能力は大変重要なのです。

僕が提供するコンテンツは、たとえ基礎練習であっても、同時にポピュラー音楽の基礎的な部分を学ぶ事が可能で、とても効率良く出来ています!

もちろんクラシックしか演奏しないという人でも、ふだんの練習からハーモニーの感覚をもつのは大切ではないでしょうか。

クリアファイル(100円ショップなどで買える10ポケットに納まる量になっています)やタブレット端末でPDFの譜面を管理し、MP3プレイヤーのプレイリストを利用し、必要な音源を練習する順番に並べてみましょう!

あなただけのオリジナルのテキスト、練習メニューを作りあげてください! これであなたも無理なく練習を続ける事が出来ます!!


2015年10月07日加筆
トランペット奏者で、優れた教育者でもあるウイントン・マルサリス氏が「練習方法」に関する素晴らしい記事を書いていましたので、僕なりに日本語に訳してみました。コチラも大いに参考になりますので、是非お読みください!
https://mtfujimusic.com/1943/


♪ご購入はコチラから
http://shop.hirokifujii.com/shopdetail/000000000002/ct3/page1/order/
♪それぞれのページの詳しい解説はコチラを経由していただくと便利です。

MtFujiMusic School レッスンのご案内
MtFujiMusic School レッスンのご案内
Check!!

ビッグバンドのための
基礎練習テキスト

Basic Training for BIG BAND/Trombone/トロンボーン(楽譜&伴奏音源セット/PDF&MP3)

楽譜ご購入の方に
CDプレゼント!

初心者用の楽曲でよく使われる3つの調(実音のBb,Eb,F)に限定し、スケールやブルースを使用しながら楽しく上達出来ます。

デモ音源は現役ジャズミュージシャンによるレコーディングで、アドリブソロのサンプル付き!

PROFILE
フジイ ヒロキ
フジイヒロキ/藤井 裕樹

株式会社マウントフジミュージック代表取締役
Trombonist, Composer, Arranger,
Teacher, Writer, Producer, Consultant

詳しいプロフィールはコチラ

Contact

お問い合わせ

Mt. Fuji Musicへのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。